Skip to content

お風呂について考える

浴室は日常の生活で過ごす時間の比重が少なく

あまりいい環境に置かれない場合が一般的でしたが

近頃そうではないお客様が多い。

一日の疲れを落とすリラックスタイムに重点を置くのが唯一の贅沢だと

浴室や水廻りに力を入れられる、そういった環境を作り出すお手伝いができるのがうれしいです。

ユニットバスの既製品は経年劣化が激しいので20年もすれば取り替えてというソフト的な使われ方ではなく

家具のような設備を配置し、洗面も浴槽も(またはトイレも)水廻りをすべて同じにしてしまえば、

開放的な広い空間確保できますし、使用時間も増えます。

ドライバスという選択肢を選ばれるのはどうでしょう、日本の潤湿環境にも合うような技術も発達していて

お風呂のある部屋という考え方で逆にローコストになる可能性もあります。

真ん中のお風呂は右からも左からも入れる!

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*