Skip to content

年末年始のおしらせ

年末年始のおしらせ
初冬の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
また、平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申しあげます。
さて弊社では、本年度の年末年始の営業を2011年12月29日(水)~2012年1月4日(水)まで休業させて頂きます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
*2012年1月5日(木)より、通常業務を開始します。

笑顔プロジェクト報告2

今回の大震災に際し、私達まちづくり市民グループ「+βネットワーク」の呼びかけに応じた
個人・企業などの混成チーム「チーム豊橋」で
いままで様々な支援活動をしてまいりました。
震災直後1週目には犠牲者を追悼するキャンドルライブと義援金の募金活動、
4月被災地での炊き出し、7月には石巻,女川地区の小中学校訪問し支援物資を届けてきました。
そこで学校再建に向け自らを、そして教職員を鼓舞し毎日必至で働いている校長先生方に出会いました。
北上中学は北上川河口に有り、すぐ目の前対岸大川小学校では児童74名が死者、
行方不明と報道された大変痛ましい被害を受けた地域です。
この地に総勢35名笑顔を届けに又、頂きに行ってまいりました。
当初の予想以上に(3倍近い人数)たくさんの人々が集まっていただき、
前半の縁日は手筒花火が始まる直前まで長い行列が続きチケットは完売状態となり、
参加者の皆様の楽しそうな笑顔を見ると本当に来てよかったと感じさせていただきました。
後半の手筒花火も皆様の「ワッショイ」の掛け声と、亡くなった方々を忍び涙ぐむ姿も見受けられ
遠路はるばる持ってきた甲斐があったと自負しております。
笑顔プロジェクトは来年の桜が咲くころにまた
次回は音楽コンサートを持って行く計画進めております。
今回の活動レポートを建築ジャーナル11月号に掲載させて頂きました。

まちなかスピンアウト

毎年恒例、豊橋スロータウン映画祭の季節になりました。
MXで行っている’’映画の中の建築家’’シリーズは11月12日に開催します。
グラフィックデザイナー三宅さんを毎年迎え、映画について、建築、デザインについて
沢山の人たちと語りあえる場を提供できる事に喜びを感じております。
お誘いあわせの上いらしてください。
MX一同

満点の家をつくりたい

建築ジャーナルから
’’満点の家をつくりたい’’シリーズに池見町の家が掲載されました。

建築カフェ

archi caffe アイアンアーティストTRUSSBOX伊藤洋介さんよりのリレーで
今週末、2011年10月22日 18:00-TYACC主催の建築カフェにて、真知子がお話をさせて頂きます。
住宅についての独自の思想や理論、また、MX近作についてもプレゼンします。
是非お誘い合わせの上いらしてください。
お飲み物代で、自由に参加できますが会場の広さ等の関係から
事前申し込み制になっておりますので、
下記リンクの参加予約フォームから、お申し込み下さい。
http://gikaten.org/kenchikucafe/

笑顔プロジェクト報告1

石巻から戻って参りました。

会は大成功に終わり、次回への課題も明確にしつつ、アーカイブ作業を進めております。

また、追って詳しくご報告させて頂きます。

写真/まだ片付け途中の石巻の風景

笑顔プロジェクト

拝啓 ご多忙の中,皆様には益々ご清栄の事と御慶び申しあげます。

さて、私達はまちづくり市民グループ「+βネットワーク」の呼びかけに応じた個人・企業などの混成チーム「チーム豊橋」です。

大震災に際しまして、豊橋の様々な個人やグループと協力し震災直後には犠牲者を追悼するキャンドルライブを行い、義援金の募金活動、被災地での炊き出し等に参加してきました、その活動を通して集まったチームです。

7月には石巻,女川地区の小中学校訪問し支援物資を届けてきました。そこで大震災のショックから立ち直るべく、学校再建に向け自らを、そして教職員を鼓舞し毎日必至で働いている校長先生方のお話を伺ってきました。

「・・・・全国の皆さんのおかげで食べるもの、着るもの、お金・・たくさんの物を頂きました。それが今ではもらいなれて来て、粗末にする事も見られる様になってきました。最近は気持ちを切り変える様にしています。」「子供達にしてあげるのは笑顔を取り戻す事。」だと思います。町の95%以上が流失し、自らも被災する中での先生達のお話は感動的で、心を動かされる物が有りました。子供達は目の前で肉親や近隣の人が、そして自分の家までが津波に飲み込まれ流されて行く光景を目撃しています。あまりにもショッキングで深刻な経験です。

大部分の被災者は現在、避難所から仮設住宅に住居は移っていますが、子供達は周りに何も無い仮設住宅から毎日瓦礫の中を通学しています。

そんな状況の中復興市の開催等、復興に向けた取り組みも少しずつでは有りますが見えてきました。今彼らに必要な事は物質的援助から、自立に向けた精神的な支援へと変わってきました。

まずは先生や父兄には『ほっと一息つける時間』子供達には「心から楽しめる時間と笑顔」だと思います。

そこで、『豊橋の祭り』を通して『笑顔』を取り戻してもらおうと「笑顔プロジェクト」を企画いたしました。

(別紙企画書を参照)

石巻市立北上中学校長 畠山先生からすぐに電話を頂き、快い承諾と、場所も北上中学校をご提供いただきました。

実施予定日を924日(土)としました。

北上中学は北上川河口に有り、すぐ近くの対岸大川小学校では児童74名が死者、行方不明と報道された大変痛ましい被害を受けた地域です。この地に遠くはなれた愛知県の豊橋市の多くの人たちが復興を応援しているというメッセージを届けたいと思います。

 

豊橋の祭りを通して東北の子供達に『笑顔』を大人達には『息抜きを』をプレゼントしたいと言う『笑顔プロジェクト』まだ花火等の資金が足りません。これまでに市内の多くの個人団体,組織が既に多額の支援をされております事は十分承知いたしておりますが、なにとぞ今一度ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

日程 923日~25

場所  宮城県石巻市立 北上中学校

宮城県石巻市北上町十三浜字小田931

内容  豊橋の祭り開催(手筒花火)と縁日

復興市で豊橋市の紹介

 

振込先 三菱東京UFJ銀行豊橋支店 店番461

口座番号(普通) 0169118

口座名 笑顔プロジェクト実行委員会 会計 冨田正行

 

お問い合わせ先 053231-8809 アドスタジオ  野田 豊

053231-6589 エムプロダクツ 冨田正行

資料PDFはこちら

SITE INFORMATION

とても素敵なお施主さんに出会えた物件でした
伊良湖岬の高台にある床屋さんにリラックスできる癒しの空間をコンセプトに
エステルーム増設工事 引渡し終了しました。

店内もリニューアルしましたので是非おたちよりください。

完成間近

台風も無事過ぎ、涼しげなサッシが取付け完了

花棕櫚さんが新聞で紹介されました。

7月8日の中日新聞にM-products設計の「花棕櫚」さんが掲載されました。
OPENより10年、お施主様の活動の原点に関わった仕事が出来たことはとても誇らしい事です。
家を一件改修したエネルギーよりもさらに大きなエネルギーを花棕櫚さんが生み出し、広げて行く。
そんな活動のお手伝いが出来るように、これからも研鑽していきたいと思います。